vagrant


* vagrantメモ
* http://www.vagrantbox.es/

% gem install vagrant
% vagrant box add centos64 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20130309.box
% mkdir -pv ~/work/vagrant/centos64
% cd ~/work/vagrant/centos64
% vagrant init centos64
% vagrant up
% vagrant ssh-config --host vagrant-vm >> ~/.ssh/config
% ssh vagrant-vm
% vagrant halt

memo


* OpenSMTPD http://opensmtpd.org/
* wp-cli http://wp-cli.org/
* iftop http://www.ex-parrot.com/~pdw/iftop/

ubuntu 12.10 に jre7 をインストール

めずらしくubuntuを触った時のメモ

apt-get install python-software-properties
apt-get install software-properties-common
add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install oracle-java7-installer

KVMでcdの入れ替え


* KVM上でonlineのままCDデバイスのisoイメージを入れ替えるには、Monitor上で以下のように行います
*
# info block
drive-ide2: removable=1 locked=0 tray-open=1 io-status=ok file=/mnt/pve/zfs/template/iso/shrike-i386-disc1.iso ro=1 drv=raw encrypted=0 bps=0 bps_rd=0 bps_wr=0 iops=0 iops_rd=0 iops_wr=0
drive-ide0: removable=0 io-status=ok file=/mnt/pve/zfs/images/125/vm-125-disk-1.raw ro=0 drv=raw encrypted=0 bps=0 bps_rd=0 bps_wr=0 iops=0 iops_rd=0 iops_wr=0

# eject drive-ide2

# change drive-ide2 /mnt/pve/zfs/template/iso/shrike-i386-disc2.iso

systemd-197 から network interface名が変なのにrenameされる


* http://www.freedesktop.org/wiki/Software/systemd/PredictableNetworkInterfaceNames
* 従来の予測不可能なカーネル名では問題がある場合があり、インターフェース名がどのデバイスを指してるのかをよりはっきりさせるためにとった選択なんですね
* biosdevnameとは違うようだ
* どんな名前になるのか知りたいときは、こうするといいようです[root@joker ~]# udevadm test-builtin net_id /sys/class/net/eth2
calling: test-builtin
=== trie on-disk ===
tool version: 197
file size: 5463680 bytes
header size 80 bytes
strings 1228112 bytes
nodes 4235488 bytes
load module index
ID_NET_NAME_MAC=enx0002a54ecb0d
ID_OUI_FROM_DATABASE=Hewlett-Packard Company
ID_NET_NAME_PATH=enp7s0f1
unload module index

* 従来通りのethXが使いたければln -s /dev/null /etc/udev/rules.d/80-net-name-slot.rulesしとくと良いみたい

emacsの設定


* emacsのIMAPクライアント、wanderlustを立ち上げると、一瞬、ミニバッファにgnutls.c: [1] Note that the security level of the Diffie-Hellman key exchange has been lowered to 256 bits and this may allow decryption of the session dataと表示されるようになったので、.emacsに(setq gnutls-min-prime-bits 1024)を書き足してあげたところ、文句を言わなくなりました

freenxのセッションを復活


* freenxで、サスペンドしているセッションに再接続しにいっても、新しいセッションが始まってしまうことがあります
* nxserver –list でみると、もう居なくなってるけど、nxagentのプロセスはまだ残っている
* こういう場合、/var/lib/nxserver/db/failed や /var/lib/nxserver/db/closed の下にいる該当するセッションのファイルを /var/lib/nxserver/db/runningに移動して、status=の行をSuspendedに書き換えてあげるとresumeできるかもしれません

KDE4のnepomukとakonadiを停止


====== nepomuk ======
* ~/.kde4/share/config/nepomukserverrcを編集
[Basic Settings]
Start Nepomuk=false

* ~/.kde4/share/config/kdedrcを編集
[Module-nepomuksearchmodule]
autoload=false

====== akonadi ======
* ~/.config/akonadi/akonadiserverrcを編集
[QMYSQL]
StartServer=false

* akonadictl stop とすると今動いているものが止まります

FreeNXでつないだ時にフォントが表示されないものがある


* cairo-1.12.xが原因のようです
* https://wiki.archlinux.org/index.php/FreeNX#Broken_resume_with_Cairo_1.12.x にあるように、 /etc/nxserver/node.confの設定を AGENT_EXTRA_OPTIONS_X="-norender"とすればフォントは表示されるようになりますが、描画がよろしくない状態は変わりません。
* http://arm.konnichi.com/search/index.php?a=64&q=%5Ecairo%24&extra=1&community=1&community-testing=1 から cairo-1.10.2-3-x86_64.pkg.tar.xzを取得し、pacman -U ./cairo-1.10.2-3-x86_64.pkg.tar.xzとしてcairoをダウングレードし、様子を見ることにします
* /etc/pacman.confにIgnorePkg = cairoを設定するのを忘れずに。

HP ML110 G7


* 自宅サーバの後継用にHP ML110 G7が安かったので購入した。NTT-X Storeで10,980円
* Xeon E3-1230と8GB*4メモリ(SMD-32G28ECP-13H-Q)を別途購入して装着。なんの問題もなく認識OK
* Arch Linuxを入れたが、起動途中で画面がBlackoutするので、kernelパラメータにnomodesetを渡してやると良い
* iLO3経由で電源のon/offも問題なく可能であった